2012年5月18日金曜日

鎌倉と海と落下する夕方


鎌倉へ


こっちの人は緑の使い方が極端に上手い
どこの家も素敵すぎます



この日はだれか、年上の人に人生を語ってほしい、
どこか叱ってほしいようなきもちになりました



屋根の上にスイセンの花
風で揺れるとまるでお辞儀をしている様
そうか、この家に訪れる人を出迎えて見送るのね



こうやって撮ると沖縄みたい
鶴岡八幡宮のシーサーのような狛犬



ずっと行きたかったのに
この日お休みだったお店、「FIVE FROM THE GROUND」 
必ずリベンジします、、



おなかが空いて飛び込んだブラッスリー雪乃下にて
釜揚げしらすのパエリアなるものをいただきました
鎌倉の人はしらすって付ければみんなが食いつくと思ってるんだろうな、その通りだよ




わたしがやたらと反射したという一枚
きっと線路を跨ぐときに生命力が薄れたのかもしれない
本当にビビっていましたから
稲村ケ崎のR



とても素敵なアンティーク家具や雑貨がたくさん



この手前のテーブルが欲しかった、、



そして駅寄りのR NO.2にも



歩いても歩いても目的のお店がある限り足取りの軽いわたし












きっとこの家の人はこの木に惚れたんでしょう
そういうおうちの建て方憧れちゃうよ



そして
ずっと見たかった海の青
聴きたかった波の音



種を蒔いたら生えてきた



という設定



男性ふたりがビキニ姿で海水浴
ときどき両手を繋いでジャンプしたり
すごくハッピーな光景



そうそう
片瀬江ノ島のアーチ



の、



守護神も元気でした
ピーヒョロヒョロ〜〜〜










この日、電車に揺られながら
友人melにもらったばかりの
「落下する夕方」を読みました


江國香織さんの小説って初めて読んだんですけれど
(そういえばスイートリトルライズは映画よかったな)
静かで淡々としていて
やっぱり女性目線で
今のわたしには重さもなにもかもちょうどよかった

翌日、映画版も観てしまいました

ありがとうmelちゃん
女性の方におすすめします


そしてmelちゃんのことはまた改めてこちらでお話しします









とりあえず鎌倉と江ノ島の空気に癒されたクロキでありました
嗚呼、海の近くでイベントやってみたいな・・・




2012年5月5日土曜日

オールオリジナル、オールハンドメイドの暮らしを求めて


先月の陶芸体験に引き続き、
Love Customizerの主催するワークショップの参加してきました〜

これまた初めての経験!



今回はLove Customizerのミポリンが
facebookで告知していたところをたまたま見て応募したのが当たったのです!



こちらはワークショップがはじまる前!
左がミポリン、
Love Customizerを主宰されているインテリアスタイリストの石井佳苗さん



石井さん「海外では日曜大工だけでなく、お料理や空間をつくることのことも
“Do It Yourself!!=DIY”と言うのです」



今回のワークショップは古材で作るカッティングボード!

実家にあった古いカッティングボードを母がくれなかったので
買おうと思っていたところにこんなワークショップが開催されるなんて、、!
、、と勝手にご縁を感じてしまいました^^;



▶使用するのは100年前にアーミッシュの家の梁に使われていたというホワイトオーク
まずは、釘の跡や柄などたくさんある材料の中から自分だけの木を選びます

作業台にしている机のお値段にヒヤヒヤしつつ、選びました。
樹の色にサボテンの緑が合いますね〜



▶そして出来上がりをイメージして下書き〜の前に、
下書きをするための鉛筆がこんなにかわいいところに刺さっていて
いちいち反応してしまいました

かわいいなー




▶悩みに悩んで決めたわたしのデザイン
樹はこの柄に一目惚れしました

皆さんがどんどん次の工程へ進む中で人知れず焦っていたのはナイショ・・・



▶そして線の通りにノコギリでギーコギーコと切っていきます

写真はお人形のようになった不自然な動きの浅井さん。笑
ノコギリ運がないと言ってたのにすごく上手かった!さすがです!

DIYバージン、且つ運動不足のわたし、、
まだ第二工程で汗だくに、、、

でもミポリンが野球部のマネージャーの如く
やさしくそばに付き添ってくれたおかげで弱音を吐きつつも無事切り終えました!



▶お次はインパクトという電動工具で穴を開けます

この作業は必死すぎて写真撮り忘れ、、、
でもGALLUPの河野先生が終始不出来な生徒(わたし♡)をご指導くださったのでなんとか開通!



▶そしてノコギリ作業の時にも使ったクランプという工具で
がっちりと板を固定し、
側面、表面をヤスリでかけていきます



皆さんそれぞれ真剣な作業の中でも、いろいろとアドバイスをくださったり
お互いのカッティングボードを褒め合ったりして
モチベーションをあげるというとっても良い空間!

これがワークショップの醍醐味かもしれない・・・!



▶仕上げにオリーブオイルを塗っていきます!

わたしは側面だけお酢と鉄を使った媒染剤で黒く染め、
表面はオリーブオイルをたっぷりとしみ込ませました。

この作業で古材の持つ味わいがみるみるうちに引き立っていくのが分かり、
みんなテンションが上がっていました^^


新材より古材の方が乾燥しているのでオイルがしみやすいみたい
こういうことに気づくのも自分でつくっているから^^



最後は今回参加したみなさんと一緒に懇親会
いつのまにかこんなに素敵なセットが組まれていて感激でした

真似したいスタイル術がたくさん!



出来たてホヤホヤのカッティングボードを早速使って〜



ほっとお茶タイム♡



あ〜〜〜かわいいよーーーーー

オリーブをのせたりしてお皿として使うのもよし
チーズをカットするときのボードにするもよし

たった2時間の作業時間とは思えないほどの濃厚な時間を過ごしました!


工具など重たそうで力の入りそうな作業は
ついつい男性に任せてしまいたい・・なんて気持ちになっていたのですが
実際やってみると想像していたより自分のイメージ通りになるし
達成感があって楽しい!



またこれを使うたびに楽しかったこの日のことを思い出せる、
汗と涙のストーリーがあるのもうれしいな



石井さん、ミポリン、GALLUPの皆さま、
どうもありがとうございました!

カッティングボード、早速使います〜〜^^







今回DIYを行ったお店は、

東西線 門前仲町駅
富岡八幡宮方面の出口からてくてく歩いて8分ほどの


でした!



お店の方が皆さんやさしくて面白くて、気になる商品がたくさん!



翌日早速東急ハンズのDIYコーナーにて、なにを作るか考え中です♡






2012年5月4日金曜日

もっともっと動きたい、動かして、動かされたいと思った



念願叶ってヴェンダースの『Pina/踊り続けるいのち』観てきました。







ドキュメンタリー作品の3Dということで最初は警戒していたのですが、
先に観ていた友人の「違和感なく疲れずに観れた」という感想はほんとうで。



映画というよりは舞台を観ているようでした。







この映画は2009年のピナの死によって一時制作が中断されたものの、
ピナに愛されピナを愛したたくさんのダンサーのコメントと
ダンスシーンを振り返る、
回顧展のようなピナへのオマージュ作品に仕上がっています。



ピナのことを知らなかったわたしでも興奮して前のめりになるほど。



鼻の下には汗をかいて、

今すぐ腕を伸ばしてブンブンと振り回したい、

裸になって倒れたり立ち上がったりを繰り返したい、

(そうしたい!)という気持ちに素直に従いたい、

そんな気持ちにかられました。



きっとわたしは自分のからだの限界の1%も見たことがないのでしょう。
からだにスイッチが入った気がします。


最近しょっちゅうクネクネしています。


東京では未だ公開最終日が決まっていないよう。



いつ終わってしまうことやら、、なので
気になった方はぜひぜひお急ぎください。



鑑賞中、観賞後、踊りだしたくなること間違いありません。